FC2ブログ





最終回「ヤサコとイサコ」


『この話の教訓は何なんだ?』
キスには気をつけろ、ってことさ』







■大ハズレだらけだったこのブログの妄想も、ここまで話が収束してくると
さすがに焦点が合ってきて、前回書いたことがほぼ当を得ておったようです。

>ヤサコのキスで始まりヤサコのキスで終わる物語電脳コイル。

とくにこのへん大当たりでした。
えっしてない? してましたよ? スゴいしてましたよ? めっさしてましたよ。
もうひとりやふたり子供ができてもおかしくない勢いでしたよ。
規制の入ってた地域もあったかもしれません。

■きみはヤサコだとかイサコだとかハムテルだとか名づけるその流れで考えて、
てっきり自分の名前もひねってるんだとばかりミスリードされてしまった視聴者。
4423は、4423としか名乗りようがなかったんですね。
ノブヒコであってノブヒコでない、4423は「イサコの中の」ノブヒコでした。
コイルスの電脳医療がイサコのイマーゴに働きかけて生み出されたのが
ノブヒコ(4423)だけだったら、そのまま治療はうまくいっていたでしょうに、
どこかのじじいが備品をうかつに持ち帰ったために、そしてそのじじいの孫が
キス魔だったばかりに起こった想定外の妊娠。
その結果生まれた子供はコイルスだの第三者に対しては認知してよとうるさかったのに、
実際のパパがあらわれるとやめてとかアンタなんかキライとか言い出すだだっ子でした。
未知の子供、ミチコさんは認知されると
既知の子供、キチコさんになってしまうのです。イヤな響きだ。

■痛みや苦しみを受け入れてオトナになるか、コドモのまま心地いい空間にとどまるか。
葛藤するイサコに、掴みかからんばかりのヤサコ。大人になれよミッちゃん…!
まるで木暮先輩です。メガネ君ならぬメガネさんです。言いたかっただけちゃうんかと。

「勇子の勇は勇ましいの勇! あなたは痛みを恐れない、勇ましい女の子!」
「だから! イサコ!!

病身の子供、まあ実際病身の子供なんですけど、を励ますお母さんのようなヤサコさん。

戻ってきなさい! イサコ!!

鬼気迫るほどにお母さんです。
心を病んでるっぽいイサコのほんとうのお母さんのかわりが十分つとまります。

イサコさんはイサコさんで、最後の方はなんかの映画の
バージンロードを逆走する花嫁のおももちでした。
その際にほどける髪! お兄ちゃんが結んでくれた髪、
イサコをおさない日のまぼろしに縛り付けていたいましめがほどけ、走り出すイサコ!

痛みを感じる方向に、出口がある!

子供と大人の境界、たそがれの空間からはばたき、大人への階段を駆け上がるイサコ。
画面上は下りてますが気にしないでください。

ヤサコがイサコから受け取ったキラバグは、相手の痛みを自分の痛みとして感じる心、
要は思いやりの心がかたちになったもの、だったようです。
イサコを守るために暗号バシバシ撃ち出したのは、ヤサコのイマーゴからすれば必然でした。
こんなに愛しているんだもの。この愛をくれたのはイサコ、あなたよ、みたいな。

「おかえり、イサコ」
「ただいま、ヤサコ」

ああよかった、本当によかった。
画面がホワイトアウトしたのはNHKの良心でした。
いや前述のようにおいらは見えてましたが。心の眼で見えてましたが。
自分の眼で見たものだけを信じるです。

■すべてが終わって、あの図書館前で、ヤサコとハラケン。
あの強烈にまぶしい青春を見せつけたあの場所です。
ハラケンがたくみなステップでヤサコのジャブを避けまくったあの場所です。
超能力で鳥まで飛ばしてヤサコの告白をさえぎった、あの場所です。

初恋、かな…」

オイなんか言ったぞこいつ

ハラケン一世一代の冗談。冗談めかして何か言外に意味を含ませたぞ。
今はこれがせいいっぱいのハラケン。
ヤサコの目の前でカンナのことが好きだったと言って、その直後に告白を受けて、
ヤサコ好きだとはなかなか言えんわなぁ。まあ今はこれくらいで勘弁してやる。

それにしても、中学生になった一同にハラケンの姿がなかったのが気がかりです。
この野郎また何かフラグ破壊的なことをやらかしたんじゃないかと不安になります。
「ああボク私立だから」とかだったら、もう今度こそ跳び蹴りです。
跳び蹴りで実験空間4424行きです。
オマエのイマーゴがどんなヤサしい空間を生み出すか見届けてやる。

■ハラケンのいない隙をついて金沢からかかってくるイサコからの電話。
私みたいな人間はいつまでも他人といっしょにいてはいけないんだ、ってアンタ。
金沢なんてアレですよ、知っての通りヤサコさんのホームグラウンドですよ。
小学生がその気になったらホイホイ行けるような場所ですよ。
完全にヤサコさんの掌中ですよ。現地妻ですよ。
それまでさよならだ、って、どうせまたすぐかかってきますよ。
またすぐ抱いテレホンですよ。
自分のペットの位置なんか3分でわかるわ、とヤサコさん豪語、まではしませんでしたが、
飼い主の心の中に移り住んだ電脳ペットのように、いつでもすぐまた逢える、そんなカンジです。


最後の方、黒客+約1名が蚊帳の外にされてしまったのは残念でしたが、
きっと金沢へ向かう電車の窓から、こんな光景が見えてたはずだって、
そうささやくのよ、おいらのイマーゴが。

またな!





スポンサーサイト






第25話「金沢市はざま交差点」

みつけた!



■何しに出てきたマユミん。

もちろん、イサコさんの金沢でのはじめての友達になるためです。
一卵性友達になるためです。今回は多分その顔見せです。

ヤサコさんによって心を開かれたイサコさんが、今度はマユミんの心を開かせるんですよ。
で、マユミんは北海道でまた別の子の心を…
最終的にこのオープンユアハートの輪が地球の子供たちのあいだを七周半するんですよ。
子供たちがひとつの輪になるんですよ。コイルアサークルオブチルドレンですよ。
うまいこと言うなー俺。でまかせです

■その輪が何周回っても猫目の出番はねえー、と言ったのは滝野智さん。
今日も妄執のおもむくまま猫まっしぐらです。
いいかげんにしないと舌を入れるぞ! 下に入れるぞ、でしたっけ。
どうでもいいです。

猫のやつ、今さら病気の母さんがとか言い出しましたよ?
金沢に来る前に弁護士と接見してきたようです。
情状酌量を狙ってます。
たとえばお前がその昔幼き頃、イリーガルに感染してふるえている
電脳ペットを助けたことがあるとしよう。でも氏ね

■イサコとオバちゃんの背後に猫の目が光っていたように、
さらにその背後にはヤサちちのメガネが光っていそうです。
若い女の子の気持ちはさっぱりだけど、若い男の子を気持ちよくさせたら
県下最強と噂のヤサちちが、次回、猫目をスゴい目に遭わせます。
根拠は全然ないですけど。
上り坂より下り坂が多いと言われる金沢で、猫目が受け子ちゃんに転落していくさまを
愉しんで欲しい。猫目総受、なんちゃって。

兄ちゃんのプレイにはもうついていけないよ! と逃げ出したタケルは
次回さらにおぞましきものを見るだろう。(桃色係長経由で)

■そしてハラヤサ。

「ヤサコ! ぼくだ!」ハラケンの口調というか声調が変わってる! なんかさわやかだ!
カンナの件の胸のつかえが取れて、本来のハラケンに戻ったんでしょう。
「そんなさわやかなハラケン、私の好きになったハラケンじゃない…!」「えぇ!?」
イサコさんとかハラケンとか、ちょっと憂いのある子がお好みのヤサコさん。
おこのみ憂子、なんちゃって(いいかげんにしないとその口をふさぐぞ)。

「でも約束して、必ず戻るって」
「うん、約束する。……そしたら(20話の)返事を聞かせてね」
「………」
「あんたらの保護者やってらんないわ」

なーんて会話を期待してましたよフフフ……。
このヤサイサのターンにそんなサービスはあり得ませんでした。

しかしよく訓練されたハラヤサ人は、ハラケン声のサッチーがヤサコを壁に押しつけて
体内に取り込むシーンでゴハン10杯はいけたといいます。
ABCのランクでいうとZくらいのエロティシズムと言えないこともない。
それくらいの妄想は赦されていい。
どう考えても、まともなハラヤサを挿し込む尺はもうない。

■やってらんないオバちゃんの錬金術で、手近にあったタマに魂を定着させられて
しまったハラケン。オバちゃん「持っていかれた…!(若さを)」相応の代価が必要なのです。
なあ、お前の背に俺も乗せてくれないか? そしていちばん高いところへ(メリッサ)とばかりに
ヤサコを乗せて飛び立つタマasハラケン。
遠い日の記憶を悲しみの息の根を止めるためにメリッサ。
さあ愛に焦がれた胸を貫くためにメリッサ。
2.0との壮絶な空中戦の末、ヤサコを守って2.0とともに自爆するタマasハラケンに涙。
愛する人を救うために戦う愛する人を守って死んでいくのもまた愛の醍醐味です。
さようならハラケン。きみの最後の勇姿は確かにこの目に焼きついた。

当のヤサコはイサコさんのことで頭がいっぱいで、たいした感慨は示しませんでした。
キューちゃんのときといい、あなたはいつだってそう。

■古い空間をイサコを探してさまようヤサコ。
ヤサコのおじじも、同じようにイサコを探したに違いありません。
兄のいない世界を受け入れられず、自分のつくった空間の中に自分と兄とを閉じ込めて
しまった幼いイサコを呼び戻そうとし、そして、おじじは二次遭難したんでしょうか。
幼いヤサコが出会ったのはイリーガルとして残像していたおじじの電脳体だったのかもしれません。
祖父から孫から、そしてひょっとしたら父からも、小此木一族に探されっぱなしのイサコさん。
早く見つけられてあげてー!

■目を醒ましたくない…だってこの治療、健康保険使えないんだもの。
わがまま言う幼イサコをイサめる兄ノブヒコ。
あれは生死のはざまで死に向かう者と生に戻る者とのあいだの最後のやりとりだったのか、
あるいは幼いイサコに兄の死をやんわり受け入れさせるための電脳治療の一環だったのか。
4423のまぼろしの病室は、最初は罠とか囮とかではなくて、イサコのメンタルケアの一環
だったのかもしれません。

あ、そうか

イサコの病室」ってそういう意味か。

最初からあそこはイサコの病室だったんだ。

電脳治療で目を醒ましてからも、イサコはずっとあの病室の中にいたんでしょう。
大黒市に散らばったミチコさんの、というより自分のなくした心、
兄を失ったという悲しい記憶をそれと知らずに拾い集めながら、
自分をそこから連れ出してくれる者を待っていたんでしょう。

でも外側からだけじゃ崩れない病室の壁。内側からも叩いて砕いて心の壁。
きっとそこ以外にもしあわせな場所はあるから。
例によって小此木家の二段ベッドの上の段とか。もーすごいんですからヤサコさん。
自重しろ


■この肋間神経痛の感じる方向に天沢さんがいる…!
イサコの最後の心のかけらを、早く届けてあげてー!
その心のかけらは多分愛する気持ちだと思います。
ヤサコがすきって気持ちだと思います。
ていうかもう告白してますけどね。大告白してますけどね。
このアニメでは大っ嫌いは愛してる結婚してくれって意味です。みんな知ってるね。
ハラケンは夫。イサコは嫁。完全な重婚ですヤサコさん。いなかっぺ大将が犯した重婚です。

■それにしても、まさかあのキスが事件の発端になろうとは。
しょうがないですヤサコさん、そのツインテールのやきもち焼きちゃんにもキスしてあげて?

「そうじゃないだろ!」

舌入れてもいいよ?

ヤサコのキスで始まりヤサコのキスで終わる物語電脳コイル。
小此木家の女は代々キス魔!
京子もヒゲが粘膜感染するほどのキスの嵐を降らせたけれど
このヤサコの力は一体…!?


……で、最終回は1時間スペシャルでしたっけ?







第24話「メガネを捨てる子供たち」




■仕事先のメガネ族の人によると、メガネ族にとってメガネはパンツと同じだそうです。

■相変わらずスナドリネコさんのようにウソをつき、クズリのオヤジのように
策略をめぐらす猫目(兄)。いったい何度こいつの言動に騙されたか。
オバちゃんも、猫をパシらせていたという4年前も、絶対騙されていましたからね。
絶対猫目に誘導されてミチコさん呼び出しましたからね。
呼び出したはいいものの、さあ願いをかなえてもらおうと思ったら、
横から猫目に「ギャルのパンツおーくれー!!」とか叫ばれて台無しになってますからね。
しかしオバちゃんもいつまでも猫目に騙されてばかりはいません。
ついに猫に先手を取ったオバちゃん。
猫の野望はここから雪崩をうって瓦解していくのでしょう。
猫の部屋の押し入れ開けたらパンツの山が雪崩をうって雪崩れてくるのでしょう。

■兄の別の性癖にうすうす気づきながらもひたむきについてくる忠弟タケル。
兄だけを頼りに生きてきたタケルにとって、それ以外の選択肢ははじめから
用意されていなかったんでしょう。
きっとコイツは兄ちゃんが生きてたバージョンのイサコさんなんでしょう。
他人は利用するものであり、価値があるのは兄の愛だけだったタケルとイサコ。
ああせめて猫がマトモな兄であったなら、マトモなホモであったなら、
タケルとイサコで猫を仲良くシェアすることだってできたはずなのに。
猫がタチであったせいで、じゃない、タチが悪かったせいで
弟妹たちは不幸な愛に溺れることに。


「ぼく、兄ちゃんのためなら何でもする…」


マジでか。


「ああ、わかってる

わかってんねや。

言葉とは裏腹に、着実に兄への不信が芽生え始めている猫目(弟)ことタケル。
猫目は最後の最後に身内に後ろからとどめを刺されそうです。
訓練の足りない弟に「ぼくやっぱり女の子(ヤサコ)がいいよ!」と裏切りを受けそうです。
「タケル…っ! オレの味忘れたのか!?」とか断末魔叫んで
NHKの歴史から永久抹消される猫目とか見てぇ

蛇足ながら、異様に凝ってる猫目家の朝食。10代(多分)の男が作る朝食じゃねえ。
あと食卓の椅子の配置が対面ではなく横並びなのがはげしく気になった。
兄ちゃん、ヒジが当たってるんだけど。当ててんだよ

■一方、小此木家。
ここでもまたひとつの家族の愛のかたちが示されておりました。

ヤサコさんのヤサしさの紋章はお母さんからもらったものなんですね。
ペットロス(ニ重の意味で)の娘におしみない愛情を浴びせかける母。戻ってらっしゃい…。
でもこの胸の痛みは何? ない胸の痛みは何?
触る胸はなくてもこの気持ちは、この痛みはつくりものじゃない。この心はまやかしじゃない。
天沢さんの心を取り戻さなきゃ! 二重三重の意味で取り戻さなきゃ!
イサコの胸を、じゃない、心をワシ掴みにすべく旅立つヤサコ。
お母さんに教わった愛をイサコに浴びせかけるべく旅立つヤサコ。
お母さん優子は愛に生きます。探さないでください。もう戻れない太陽の牙ダグラム。

■今、目醒めないと愛の分け前がなくなる。
危機感を感じたハラケンがついに起床。正直、もう出番はないものと思ってました。
いいぞハラケン、最高のタイミングです。
妄想的に最高のタイミングです。

「きっと駆け落ちだぜ」

普通そう考えますよね

妄想は家でひとりでやるものよ!
腐ミエさんの正論にボンクラーズ逆ギレ。
なんてことを! マイリトルエンジェルフミエになんてことを!
フミエがちよちゃんより10cm以上も小さいと言えばこいつらの所業が
どのくらい罪深いかわかるでしょう。

C! きさま大黒市でもっともうつくしいと言われるフミエのおぐしを…!(参考資料第8話)
そこに触っていいのはダイチだけだ! あっAのやつまで!! AだのCだの!
はどこだよ?(いないよ)


きゅん…



これは惚れた。


ていうか、惚れて?




で、なんだかんだでやっぱりメガネ取り上げられておるボンクラーズがかわいらしいと思った。

ボンクラーズ




■ボンクラーズの妄想をトレスして、ひかれあうように金沢へ向かう恋人たち。
ラストバトルの舞台が金沢て、アニメでは古今未曾有のことですよ。
火曜サスペンスとかではよくありましたけど。
電脳コイルのまち・金沢とか観光PRするといいと思います。
郵太郎の隣にヤサコさまの像を建てるといいと思います。ヒゲつきで。
おみやげはマンホールのフタ型の煎餅。

そんな地方都市伝説はどうでもいいです。

金沢でめぐる女と女と女と男の人間模様。ついでにオバちゃんと猫目とタケルとヤサちち。
この期に及んで火種をまきにあらわれるヤサコの昔の女。
いったいどうまとめあげる気なんだ電悩コイル。

「私がもてあそんだ? 私をもてあそんだのは、あなたの方じゃない!」

引っ張るだけ引っ張ってついに登場マユミん。完全に出オチです。


誰この生き写し







第23話「かなえられた願い」




■猫目(父)が「メガネを、メガネを止めろ…!」と言いながら死んでいったかどうか
知りませんが、完全に鬼子と化しているようすの猫目(兄)さん。
こんなとき、止めに入るべき猫目(弟)がドSでホモで近親相姦の三重苦では
どうにもなりません。
もうこの兄弟こそあっちでしあわせに暮らすべきです。
二次創作的にはすでにめくるめくあっちの世界に行っちゃってますけども。

■さて、キューブちゃんに追われて総集編をはさみ二週間走りっぱなしのダイチ選手は
逃げ場を失いフミエの家へ。
あんた京子ちゃんとデンスケを守ってこんなになるまで……。
ボロボロのダイチを手当てしているうちに、フミエの胸にこみあげてくる思い。
わだかまっていたふたりの関係が少しずつほぐれ……ないのかよ! スルーかよ!
本当にこのアニメはフラグが成立しない。世知辛いぜ

■ダイチは愛するフミエをスルーして憎むべきイサコのところへ。

「大黒黒客をオレに返せ!」
「うn」

………

ちょっと待てえぇい!
これではダイチがまるきりアホではないですか。まるきり道化ではないですか。
○○を××まで運んだら▲▲が貰えるお使いRPGの主人公じゃないですか。
一同が見守る中、今まで歯牙にもかけなかったダイチに助けられ、
つきものの落ちた顔でガチャたちに「おまえたちは戻るべきところへ戻れ」とか
呟くのが筋ではないですかイサコさん。
自分が混乱の種をまいた子らが元のサヤに収まっていくのを背に、ひとり悲壮な決意を胸に
最後のたたかいへおもむくのが筋ではないですかイサコさん。
ほんま現代っ子はトップバリュポテトチップやきしおのようなあっさり味やで。

ダイチがフミエの前でカッコいい姿を見せるのは次回以降におあずけのようです。
ていうかあるのか、本当に。マジで心配になってきた。

■無事か!? と追いついてくるオバちゃん。いつも来るのが遅いオバちゃん。
どこでおしっこしてやがった。もうアンタ完全におしっこキャラだよ。

「これからどうする!?」

あんたが聞く方なんかい

示せよ道しるべを。(相対的に)大人として。
仕方なく、この道を進んだなら、いつかまたコイルスの空間に行けるだろう、
って道を自らの器量と才覚で探す少女ふたり。
ついていってやれよオバちゃん! ダイチと京子なんかメガネの電源切って帰らせりゃ
それですむ話だろ!
あっちへのルートは乙女しか通れないとかそういう戒律ですか。
アタシも乙女よ! と叫ぶオバちゃんにうさんくさげな視線が集中。
不幸なオバちゃん花の17歳。

サブチャンネルでまたしても説明台詞に突入するオバちゃん。
樹教授の演説を聞き流す美里と川浜のテクをフミエとダイチにも分けてあげたい。

■黒い服の男たちの陰謀じゃよー、という今どきモルダーしか信じない猫目の陰謀論に
あえてのっかるイサコさん。男には罠とわかっていても行かねばならんときがある。
エレベータに閉じ込めたヤサコさんと最後の会話。死亡フラグバリ3です。
バリ3過ぎて人と人のあいだには遠い距離が……というイサコさんのモノローグも
ヤサコさんにダダ漏れ。脳ハッカーヤサコさんにかかると距離もへったくれもありません。

闇と光芒の中で明らかになる過去。私が願ったからこうなったんだ……。
思えばカンナの電脳体を縛り付けていたのもハラケンの罪悪感だったのかもしれません。
すべてを背負って自爆モードのイサコさん。満身創痍でヤサコを守るデンスケ。
視聴者の涙はとどまるところを知りません。同時に猫目氏ね氏ね祭絶賛開催中です。

そして……

ヌルでコイルしたのか、サッチー2.0のフォーマットを受けて心ごと焼かれてしまったのか
不分明ですがイサコさんがNO DATAに。いやああああああ。

早く! 靴!! 野原ひろしの!!

天沢さん過去じゃなく未来に生きて! お兄さんのかわりに私がスールになるから!
♪契るでしかし~正味の話~まだハラケンは夢の中~(松本人志)


……その後、小学生ふたりが病院送りになった責任を問われた守衛さんの言。



「ツッ込むのが面倒だったのでスルーした。今は反省している」


...READ MORE


第22話「最後のコイル」



■嘘が通るなら真実は話さないカーデシア人・猫目さんの言うことが
どこまで真実かわかりませんが、そろそろ物語の大筋が見えてきた気がします。
2026年なのに妙にノスタルジーな雰囲気はやっぱりオトナ帝国の仕業です。
ただしオトナ帝国の人は猫目ではなくミチコさんだったようです。
古い空間は、未来への不安をなくしいつまでも幸せだった時間に
とどまりたいという願望の具象化なのかもしれません。

誰か野原ひろしの靴持ってこい

電脳イエスタデイワンスモア・ミチコさんに対抗できるのは野原ひろしの靴と
京子しかいません(声的に)。

■あのピンクのミゼット、アキラのミゼットとの区別の便宜上、仮に名前を桃色係長とします。
桃色係長は猫目かタケルのかと思ってましたが、同時にメガマスの
正社員でもあるのかもしれません。明らかに何かをたくらんでる顔です。
つか桃色係長こそがラスボスかも。社長かも。CEOかも。
係長なのか社長なのかはっきりしろ

それにしても、ワルい大人の仲間としてはたいへん遺憾な展開になってまいりました。
遺憾というか気まずい。いや気恥ずかしい。
いつだったかヤサコが「子供をいじめる悪い大人がいなくなりますように」って言ってましたが
本当にそんなお話だったとは、電脳コイル。
ゴルゴムも頬を赤らめる悪の秘密結社メガマスのことはあまり触れない方が
しあわせになれそうです。

■コキタナイ大人が画面から目を斜め上にそらしてメとかガとかマとかスとかの音声を
自動脳内消去して妄想するところによると、要はタケルの動機は

「ぼくの(ものである)お兄ちゃんに近づいてるあの女をいじめちゃえ」

なんか言い訳してましたけど自動フィルタリングで聞こえない。
ぼくを使ってよとか女よりぼくの方がいいよとかいやらしい台詞のオンパレードで
メの件とは別の意味で赤面したわ。
お前ら兄弟で欲情なんてたいがいにしろよ?(お前がたいがいにしろ)

メガマス、タマコ、イサコと、ありとあらゆる関係者に対し謀略を張り巡らしている様子の猫目。
お前の兄ちゃんも複雑なヤツだからなあ。本当に策略家だぞ。
潜入捜査官猫目さんは、目的はどうあれ一発くらいはオバちゃんに殴られるべきです。
物理的に殴られるべきです。
で、「ゆうこ(イサコ)が来る前に消えるとするよ…」
「イサコは一発じゃ済まさないでしょうからね」
ってカンジで退場すると思います。次の漁色の舞台は多分金沢。

■さて一方、剣に生き剣に倒れたイサコさんは、
かつて冷笑をもって鋭い切っ先を浴びせたヤサコさんにかばわれて
はりつめていた心が決壊。
ほんまヤサコさんのヤサしさは五大陸に響き渡るで。
しかしイサコさんをテイクアウトしたのは実は
大黒市内では猫目の次くらいに手癖の悪い人物だったのです。
ほら傷見せて。あっここにも。他にもない? ちゃんと消毒しなきゃ。
ないないそんなとこにはない! あっそんなとこにまで指を……んあっ!
監視者(複数)に永久保存ファイルを提供しまくりです。
ほんまヤサイサのアヤしさは五臓六腑に染み渡るで。

■傷といえば天沢兄妹ふたりともにある左腕の傷ですが、あれは何ですか。
互いの腕に傷をつけて腕と腕をかさね若い愛のちしおわかちあった恋ですか。
はげしい幼児だ

そうじゃないとしたら何、イリーガルの侵入痕?
今後、ヤサしさの紋章のもちぬしヤサコさんが、棲家を追われたミチコさんを
受け入れる的な展開になりそうなので、その際はあんまり痛くしないであげて欲しいです。
それはハラケンの仕ごt(自重)。

つーかすでにミチコさんはヤサコの中にいる疑いが。
私の古い記憶によると、最初に用意された身体は云々…という台詞が
ミチコさんのものだとしたらしっくりきます。
どうにせよ物語のラストをしめくくるヤサコさん最後の台詞は「ネッ広」に違いないです。

■孫にあげるペットにコイルスノード仕込まなければならなかった理由は、
まさにその孫にあったのかもしれません。
そうでなかったら渡す相手を間違えたとしか思えません。
一部でささやかれていたように、「ゆうこへ めがねを かけてごらん おじじ」の
ゆうこというのはイサコの方のことだったとか。
もしそうなら、フォーグラー博士の「シズマを止めろ」並にまぎらわしい
ダイイングメッセージであると言わざる得ません。
その場合、送り主を「おじじ」とは書かないんじゃないかという気もしますが、
そこで天沢勇子、ヤサコのいとこ説ですよ。……いとことだって結婚できる!
あるいはヤサちちが外でつくった子説。……姉妹とは結婚できない!?(結婚から離れろ)
イサコにお父さんがいないのはそういう理由やったんや。一郎(ヤサちち)、貴様…っ!

なんかもうおじじといい4423といい、おまえら実はゆうこなら誰でもいいな?
小倉優子や古手川祐子も4423の夢見てそうです。

■そしてダイチが、ダイチが頼もしい。 
フミエとのよりは戻らなくとも京子とのよりが深まって、でもダメだ!
オレはフミエじゃないとダメなんだ!
フミエ以外のパンツには興味のない男ダイチ一本気男ダイチ。
この純情をわかってやって欲しい。
フミエにだけはわかって欲しい絆で私を包んで(炎のたからもの)。


今週のハイライト。










!!







ヤサコさんの管理外ドメインが!!



9月とはいえ残暑が厳しいせいで、下着を着けていなかったヤサコさん。
ビバ残暑。

オバちゃんの胸揺れとか、そーいうのは、いい。
いや揺れない胸がいいとかそういうわけでは決して。



...READ MORE


RECENT


CATEGORY


ARCHIVE


INFORMATION

  • 管理人: こも野
  • ホモ: 好物
  • ヘテロ: 好物
  • 推奨: 18歳以上
  • リンク: 無断でしたいされたい
  • E-mail: 
  • バナーアドレス:https://blog-imgs-31-origin.fc2.com/b/a/n/bang02/banner.gif
バナーは直リンでもお持ち帰りでも。


サッチー


BOOKMARK

喋るヤマネコ様 喋るヤマネコ様

RUMP様(R18) RUMP様

NOTONE様(R18) NOTONE様

AAAAZZZZ様 AAAAZZZZ様

ハラヤサ主張様 ハラヤサ主張様

空色のクジラ様 空色のクジラ様

でんでんはうす様 でんでんはうす様

電脳コイルFREAKS様 電脳コイルFREAKS様





あの小生意気なフミエにお年玉 年分の損害をくらわせてやるのだ