FC2ブログ





第17話(再)「最後の夏休み」



……順番が前後しますが、熱冷めやらぬうちに書きます。


ホントに?



………

なにこのかわいい。


例によってオイラの模写では伝わらんかもしれませんが、
この「ホントに?」だけでヤサコさんには07年度主演女優賞をあげるべきです。
男前なシーンはいくつもありましたが、全26話中ヤサコがいちばんかわいかったカットは
この「ホントに?」ではないでしょうか。


かわいすぎるから
七転八倒しちゃうから。
ハラケンも絶対陥落するね。


………


しなかったよ…。



好きなのか? そんなに好きなのか?
フラグ破壊がそんなに好ましいのか? 
好ましいわねケンちゃん、こういう生きざまって好ましいじゃん?


「ただの…好奇心なんだ。イリーガルとか、見てみたくて」
(嘘だ)
「カンナのことなんか、関係ない」
(嘘だ…)


って顔してますよ! 目で語ってますよ! なにこの女優

袖のない人と違って、嘘がヘタなハラケン。だけどハラケンの嘘を信じてしまうヤサコ。
信じたというより信じたかったヤサコ。そんなカンジの「ホントに?」でした。
ハラケンもねえ、気持ちだけは本当なんだよねえ。屈託なくヤサコと楽しいことしたいよねえ。
ああもうかわいいなぁ。ハラケンの表皮菌になって「そこのシャイボーイ、押し倒せ」とか
無責任な声援を送りたいわ。菌で徒党を組んで小此木優子にとりつく隊を結成したいわ。
ふたりの皮膚の菌の種類と割合を一緒にしてやりたいわ。

■ヤサコさんはフラグをこっぱみじんにされて、それでも好きなのか?
フラグクラッシャーが好ましいのか? いやむしろ、だからこそ好ましいんでしょうねえ。
ハラケンが本当にカンナのことなんか気にしてなかったら、
きっとヤサコさんはハラケンを好きにはならなかったですからね。


「その後は楽しい場所に行こう」
「うん」
「最後の、夏休みだから…」
「うん」


いちいちかわいく頷くヤサコの隣で、ハラケン、死にに行く男の顔をする。

死んでもいいほどにカンナを思ってる、ハラケンのその一途さが、このタレ目をして
ヤサコさんを惚れさせた、としたら生きて帰ったら残り一生、その一途さで
ヤサコさんを思いつづけろっちゅー話ですよ。いっぱいサービスしろっちゅー話ですよ。
お前らが図書館前に散らばかした、せつなくて哀しくてちょっと苦しい気持ちのカケラを
拾い集めながら待ってるから。ヌルしながら待ってるから。未来で待ってるから。走って来い

ハラヤサのデートってこう、公園で日向ぼっこ的な、公園でハトにエサでもやってそうな、
結婚何十年めやねんと、みたいなのしか想像できないオイラは
ヌルとして訓練が足りないかもしれません。チョーダイチョーダイ。


READ MOREからおまけカットと拍手レス。




...READ MORE
スポンサーサイト






第9話(再)「あっちのミチコさん」


ハラケンっ!?



■おもいを通わせ始めた小学生男女が肝だめしでペアに。

……えっここドカーンってくるところじゃないの?
アイコちゃんが鼻血を吹いて倒れるところじゃないの? 
初めて手を握ったり初めて抱き合ったり初めてNHKで放送できなくなったりするところじゃないの?


速攻で置いてけ堀って


それなんて大黒市七不思議?




…惚れた男に旅だたれ、女がひとり泣いてます。
流す涙は甘くてからい。恋の味付けベットベト。
歌っていただきましょう、「あなたを愛しているから」。


倉庫近くのアパート
鍵の外れるあの部屋
タバコくわえて待つ私は
仕事もしない野良猫
夜明けの近い窓の外
時間の止まるあの歌
口ずさみながら待つのは
よれたシャツ着たあの人

中の人つながりで

ダバダ ダバダ あたしで何人目
それでも逢いに 来ちゃうのよ
あなたを愛して いるから


ここまで手ひどいスルーを受けると、冷めるどころかむしろモチベーションになるわ。
ヤサコさんったら逃げる子を追い詰めるのが大好きですからね。
追い詰めてやさしさの糸でからめとるのに性的興奮をおぼえるタイプですからね。


たのしそう…

この子とかね


……YOU仲間入っちゃいなYO!!


■ヤサコさんの性癖はともかく、あいつはどうしようもないヤツだ! って
小岩井よつばも指差すハラケン。
こんな仕打ちにあってなおハラケンへの想いを深めるヤサコさんは
きっとどうしようもないハラケンに降りてきた天使、ですよ。
走るきみの髪でシャツで揺れるたくさんの黒いヒーゲー、ですよ。
ハラケンお前はカンナに貰っためざまし時計を
ヤサコが泣いて家飛び出すまで使いつづけてろ。

ヤサコさんは一生「あのとき私を置いてったよねv」っていびるといいと思います。
3年に一度くらいのペースで、忘れた頃にポロッと言い出すといいと思います。
えっ、ヤサコさんはそんなことしないよ…。いやするよ?
「赦してっ僕を赦してカンナっ」とか動揺しだすハラケンを見て愉しむよ?
それからハラケンのふるえる背中を抱いてニヤリとほほえむのさ。
おかげでハラヤサ夫妻に倦怠期とかまるでなし。

■一方、独身女はアルコール耐性まるでなし。


「なんだよー男がよー! 一人でもいいだろー! こちとら大人だぞー!」
「ハイ先生! 大人のつきあいってゆーとやっぱしエロエロですか!?」
「えろえろよー!!」


「さわがしいのね…」
「名字、沢口だし」


まああなたも将来的には沢口になるんですけどね


モンスターペアレントダイチチは孫とかできたらめっさメロメロになるタイプですよ、きっと。
ほら! 嫁が! 嫁がそこにいるから! ちゃんと挨拶して!  ちっさいオヤジとでっかいオヤジで挨拶をかわして!! 結納と聞いて飛んできました!!


そんな鉄板のハラヤサやダイフミはいいとして、 あんなステキなネタふりをしておいて
ガチャマイの声があんまり聞かれないのは何の陰謀っスかね。


今はこれがせいいっぱい








第8話(再)「夏祭り、そして果たし愛」ハラヤサ編




■もう再放送も次回予告のBGMが重くなりはじめたというのに、
まだ8話あたりを前後している当プログですが、もうちょっとキリコと地獄につきあって欲しい。
去年、夏の高校野球で放送休止しまくったように、選抜高校野球で2週くらいは潰れるんじゃ
ないかと思ってたんですが、希望的観測をしてたんですが、そんなことはなかったぜ。


さてハラヤサ。


「ひょっとしてさ、ヤサコ、ハラケンに気があったりして」


アイコちゃんに何かのスイッチが入る
都市伝説によると、このやり手ばばぁの手にかかって
結婚しなかったペアはいないということです。

そりゃあね、手すりを指先でつつー…って。
背中でハラケンの昔の女の話を聞きながらつつー…って。
こんなことやられてスイッチの入らない人なんていません!!
ああ手すりになりたい。それがダメなら図書館の外壁になりたい。

■ハラケンが気になり始めたヤサコさん。
そしてそれ以上に?ヤサコが気になり始めたハラケン。
もっすご見てます。もっすごヤサコさんを見てますハラケン。
新婚さんいらっしゃい状態のこも野神社(鹿屋野神社だ)。
アイコちゃんの司会でお送りしております。今日のゲストはこのふた組み~。
まずは幼稚園から愛をはぐくんだというダイフミ夫妻から…って、ダイチくんどこ行くのよ、
ちぇっ、せっかくコレを…。では次のゲスト!
桂三枝というより草野仁の切り替えの速さでハラヤサをLOVEマシーンにかけるアイコちゃん。
こんなもんにかけられてたらダイフミどうなっていたかと冷や汗が出るぜ。
ダイチくんの大っ嫌いだが早まってた危険性、大ですよ。
結局は同じとこに行きつくわけですけど。

もっとも、アイコちゃんならわかっててもやるでしょうけど。
100%が出るまで何度でもやるでしょうけど。
あなたは破局を恐れない愛に生きる女の子! だから! アイコ! 
そのままですやん。

■ほら、やっぱり! 私のにらんだ通り、って、誰の目にもバレバレですけどな。
希代のにぶちん・フミエさん以外の誰にもバレバレですけどな。


「もーひどいわアイコちゃん。ねえ?
スルー。


………


ハラケン……お前……


年頃の男の子としてありえないリアクションをしめすハラケン。
ていうかノーリアクション。ハラケン、フラグ破壊の遍歴その2でした。
お前おかしい。絶対おかしい。頭おかしい。赤くなってもじもじとかしろ! 人として!
「あいつは何してるのよ…」って、イサコさんでさえ眉をひそめる朴念仁ぶり。
……え、違うんですか。ハラケンに言ったんじゃないんですか。

■どうしようもないハラケンを尻目に、(表面上)盛り上がってるダイフミを
眺めてニヤニヤするアイコちゃんとヤサコ。もうひと押しね! 
アイコちゃんがどんなもうひと押しセッティングを用意していたのか。
アイコちゃんの浴衣の袖の中にどんなお泊り施設のプラチナチケットが用意されていたのか。
大っ嫌いだ事件で不発になったことが残念でなりません。


「あら、ところでハラケンは?」


もうあんなどうしようもない男、放っておきましょうよヤサコさん。


「ちょっと京子をお願い…」
「? いいわよ? ………」


ハラケンを追って暗がりへと消えるヤサコ。


どうしようもなくなかった!?


どうしようもなくなかったよハラケン!!


ていうかもうそんなとこまで!?



はああああああ



さっきのはポーズか!? フェイントか!? タイミングを見計らってたのか!?
アイコちゃんは鼻血が出そうです。私を喜ばすのもたいがいにしろよお前ら。


「ちょっとヤボ用済ませてくるけど! あんたらまだチューとかしちゃダメよ!?」
し、しねーよバカっ!!
「………」


カメラの回ってないとこでそんなやりとりがあったかどうか知りませんが、
ミゼットも桃色係長も見なかった何かをアイコちゃんの電脳が捏造記録して、そして
ある業界で高値で取引されたといいます。大黒市国際展示場の都市伝説です。
私の妄想(ゆめ)はあなたの妄想(ゆめ)につながっていたのネ……。
視聴者とアイコちゃんの目線が強烈にかぶる第8話でした。








第8話(再)「夏祭り、そして果たし愛」ダイフミ編その2




■ちょっと間が開きましたが、その1の続き。


「果たし合いを…果たし合いをやる!!」


あああああ
あああああ。



「オレは……」



………

ああああああああ
ああああああああ
 ああああああああ。

(ゲシュタルト崩壊中)


めっさ悲しそうな顔してる
めっさ悲しそうな顔してるー!!(2回)

おいらの模写では伝わらんかもしれませんが、
この1カットだけで、フミエさんには07年度助演女優賞をあげるべきです。



だいっきらいだーっ!


うわああああああ
ああああああああ
 あああああああん。



血の涙。


『私ね、呼び出せるの。ミチコさんを。
……あんたがやれば、いちばん穏便に片付くわ?』

イサコの穏便じゃない脅しに屈するしかなかったダイチ。
自分がガンダムを倒さないとサイド6が核攻撃を受けてしまうと知ったバーニィのように
悲壮な決意をしめすダイチ。フミエを守るためには自分がやるしかない……!
男なら負けるとわかっていてもイサコとたたかえ! とか、
踏絵踏まされる(←こも野は今ダジャレを言った)立場に追い込まれたもともとの原因は
ダイチ自身にある、とか、そういう意見も当然あるかとは思いますが、
それでもおいらは言うよ! カッコいいよダイチ! カッコ悪いけど、カッコいいよダイチ!

■一方、強権振りかざせば振りかざすほどカッコいいけどカッコ悪いのがイサコさん。
本当にこの頃のイサコさんはイヤな顔してんなぁ。
ハラケンの前世であるところの賢ちゃんのデジモンカイザー期を彷彿とさせる痛々しさです。
その晩年にタケルさんにボコボコにされるところもかぶっています。
今のイサコさんにはまわりが愚かに見えて仕方ないんでしょう。
そのうち、もうこの世界に用はない、さようなら虫けらどもよ、とか書き残して
あっちのイサコさん化するわけですが、生還のあかつきにはモジョに頬擦りして
生まれてきてくれてありがとうって言うんだぜ、こんな子でも。
ウソですけど。

■ダイチ君はダブルゆうこから軽侮されて、
幼児にも目をつけられて、今日はもうさんざん祭。
「ヘンな人に近づいちゃいけないって言ったでしょ!」
ヘンな人呼ばわりした、その直後に親友フミエと本当、お似合い(笑)などと
言い出して視聴者を鼻白ますヤサコさん。そんなんだから黒ヤサとか言われるんだ!

その黒いヤサコさんとハラ某氏に関してはまた次回(まだ続くのかよ)。



READ MOREから拍手レス。


...READ MORE


第8話(再)「夏祭り、そして果たし愛」 ダイフミ編その1




■フミエがかわいいことはうすうす気づいておりましたが、
かわいいどころかむしろ美人でさえあるということを思い知らされた第8話。
フミエ観測衛星ダイチがその衝撃の事実をとらえたのも
あるいはこのときであったかもしれません。


ひゃくまんえん



ぐっ……






フミエは





おれのよめ




……と、ひゃくまん人くらいが思ったに違いないです。おいらもそのひとりです。
うっかりサイフごと渡すっちゅーねんこんなもん。1ミリ秒で抱きしめるっちゅーねん。
恋文ペン字フォントで「ひゃくまんえん。」って打つっちゅーねん。

■まあ、そのひゃくまん人の思いをすべて足してもダイチひとりに及ばないわけですが。

ダイチ氏はもうずーっとフミエさんのことが好きなんですねえ。
もうずーっとあの服着てるんですねえ。
サッカーやザリガニ釣りでもフミエさんなら十分楽しめるでしょうけど、
プラチナチケットで釣ったのはダイチにしてはできすぎでした。
今年のプラチナチケットもフミエにあげたかったことでしょう。
チケットの最後の一枚に愛の告白書いて渡したかったことでしょう。
ダイチのくせに愛って字が書けたのはそのために書き取りしたからですよ。

■ああそれなのにダイフミ試練の夏祭り。
ひゃくまんえんの笑顔もダイチの思いを複雑にするばかり。
フミエがかわいければかわいいほど、竪琴かき鳴らせばかき鳴らすほど胸が苦しいダイチ。
なんかもう本当に今日のフミエは違いますよ。わたあめを買ってるときの「ありがとう」とか、
コンビニでお釣りに文句つけてるフミエと同一人物とは思えません。
ダイチのせつなさが余計にフミエをまぶしく見せているのかもしれません。
ダイチビジョンでお送りしております電脳コイル第8話。地デジの地は大地の地やったんや。

こんなときに限ってやさしいフミエが、今日のダイチにとってはむしろ残酷です。
「あのときは楽しかったなー」(またあのときみたいに…?) 歩み寄ってる!
歩み寄ってるよこんなときに! 全26話中、もっともダイフミが
歩み寄った瞬間でした。しかし三歩進むと五歩退がる運命のダイフミ。ね、次何やる?


「果たし合いを…果たし合いをやる!!」


あああああ……!
ダイフミ編その2へつづきます。多分。この回は妄想したいことが多すぎる。








RECENT


CATEGORY


ARCHIVE


INFORMATION

  • 管理人: こも野
  • ホモ: 好物
  • ヘテロ: 好物
  • 推奨: 18歳以上
  • リンク: 無断でしたいされたい
  • E-mail: 
  • バナーアドレス:https://blog-imgs-31-origin.fc2.com/b/a/n/bang02/banner.gif
バナーは直リンでもお持ち帰りでも。


サッチー


BOOKMARK

喋るヤマネコ様 喋るヤマネコ様

RUMP様(R18) RUMP様

NOTONE様(R18) NOTONE様

AAAAZZZZ様 AAAAZZZZ様

ハラヤサ主張様 ハラヤサ主張様

空色のクジラ様 空色のクジラ様

でんでんはうす様 でんでんはうす様

電脳コイルFREAKS様 電脳コイルFREAKS様





あの小生意気なフミエにお年玉 年分の損害をくらわせてやるのだ