FC2ブログ





第19話「黒い訪問者」



■イサコなんで家知ってんねん。

「来ちゃった…」ってカンジのイサコ。
ハラケンのまわりは老若男霊にツンまでくわわってもうえらい騒ぎですよ。
なぜハラケンばかりこんなにモテる。時代はタレ目か。





ぜひ音声消して嘘アフレコを楽しんで欲しいってカンジの絵ヅラでした。
「このおなかの中の子は生まれてくるのを待ってはくれないわ…」「え…」みたいな。

■イサコの「借りは後で返す」が気になって仕方がありません。
ツンのいう借りってそういうフラグだと思ってよろしいのでしょうか。
「私は原川に借りがあるんだ」とかいってハラケンにつきまとって、
ヤサコを無駄に刺激したりするんでしょうか。
モジョで原川家のお風呂を覗いたり、
メロンパンをふたつに割って分け合って食べたり、
持ち歩いてるマスコットにもうひとつタレ目人形がくわわったり、
「お兄ちゃん、すきな人ができたの」とか報告して
ヨンヨン兄さんの脳波計に微妙な変化をもたらしたりするんでしょうか。

タマコとの壮烈な電子戦は避けられそうにありません。

■一方、小此木家。黒い悪魔の襲撃を受けています。ダンゴムシではありません。
怖がりのフミエちゃんですが、話で聞くと死ぬほど怖いイリーガルも
実際目の前に現れたらその俊敏な行動力で阻止また阻止。フミエ強い! フミエカッコいい!
フミエちゃんが泊まってくれて本当に良かった。ヤサコは抱かれてもいい。
でもヤサコは無用に深刻な語り口でフミエちゃんをビビらせます。敵か味方か小此木優子。
小此木邸の構造や調度もフミエちゃんビビらすたくらみをもって
造られているようでさえあります。
この恐怖から抜け出すためにメガネを外す決意をするフミエ。替えのパンツは持ってきてない。

「フミエちゃんは外していいよ…」
「……」
「……」
「ヤサコ、ひょっとして私を実験台に」
「やだフミエちゃん何を言って(ウスラ笑いで)」

敵か味方か小此木優子。

■ハラケンがいなくなるのかと思いきやすぐ帰ってきて、
今度は京子がいなくなるのかと思いきやすぐ帰ってきて、
めまぐるしい展開の電脳コイル。
今回の事件でひとつわかったことがあります。
どうも小さい頃のヤサコは自分ち(当時おじじの家)の中でマイーゴになったくさいです。
そのうち額にメガネ載せて「メガネメガネ…」ってコントをやり出すに違いないです。
古い空間ではヤサコは通常の3倍ものび太になってしまうのだ。

戦闘要員フミえもんがカッコよくメタタグを構えて次回へ。
ヤサコは惚れてもいい。


けたたましい

古い空間の多いうちのサブ電話。
メガばぁ、連絡待つ。こも野。




■次回予告。

消えた夫の足取りをたどり、金沢へ向かうヤサコ。
そこでヤサコは夫ハラケンの隠された過去を知る。
ハラケンの叔母タマコ、現地妻イサコ、次々と消されていく関係者たち。
そして舞台は能登半島、荒波打ち寄せるヤセの断崖へと……

「カンナ仕事とかけて、男女間のもつれと解きます。
 ──どちらも引き際が肝心でしょう」

次回電脳コイル「ゼロの笑点」。山田くんメタタグ全部持ってって。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

RECENT


CATEGORY


ARCHIVE


INFORMATION

  • 管理人: こも野
  • ホモ: 好物
  • ヘテロ: 好物
  • 推奨: 18歳以上
  • リンク: 無断でしたいされたい
  • E-mail: 
  • バナーアドレス:https://blog-imgs-31-origin.fc2.com/b/a/n/bang02/banner.gif
バナーは直リンでもお持ち帰りでも。


サッチー


BOOKMARK

喋るヤマネコ様 喋るヤマネコ様

RUMP様(R18) RUMP様

NOTONE様(R18) NOTONE様

AAAAZZZZ様 AAAAZZZZ様

ハラヤサ主張様 ハラヤサ主張様

空色のクジラ様 空色のクジラ様

でんでんはうす様 でんでんはうす様

電脳コイルFREAKS様 電脳コイルFREAKS様





あの小生意気なフミエにお年玉 年分の損害をくらわせてやるのだ