FC2ブログ





第8話(再)「夏祭り、そして果たし愛」 ダイフミ編その1




■フミエがかわいいことはうすうす気づいておりましたが、
かわいいどころかむしろ美人でさえあるということを思い知らされた第8話。
フミエ観測衛星ダイチがその衝撃の事実をとらえたのも
あるいはこのときであったかもしれません。


ひゃくまんえん



ぐっ……






フミエは





おれのよめ




……と、ひゃくまん人くらいが思ったに違いないです。おいらもそのひとりです。
うっかりサイフごと渡すっちゅーねんこんなもん。1ミリ秒で抱きしめるっちゅーねん。
恋文ペン字フォントで「ひゃくまんえん。」って打つっちゅーねん。

■まあ、そのひゃくまん人の思いをすべて足してもダイチひとりに及ばないわけですが。

ダイチ氏はもうずーっとフミエさんのことが好きなんですねえ。
もうずーっとあの服着てるんですねえ。
サッカーやザリガニ釣りでもフミエさんなら十分楽しめるでしょうけど、
プラチナチケットで釣ったのはダイチにしてはできすぎでした。
今年のプラチナチケットもフミエにあげたかったことでしょう。
チケットの最後の一枚に愛の告白書いて渡したかったことでしょう。
ダイチのくせに愛って字が書けたのはそのために書き取りしたからですよ。

■ああそれなのにダイフミ試練の夏祭り。
ひゃくまんえんの笑顔もダイチの思いを複雑にするばかり。
フミエがかわいければかわいいほど、竪琴かき鳴らせばかき鳴らすほど胸が苦しいダイチ。
なんかもう本当に今日のフミエは違いますよ。わたあめを買ってるときの「ありがとう」とか、
コンビニでお釣りに文句つけてるフミエと同一人物とは思えません。
ダイチのせつなさが余計にフミエをまぶしく見せているのかもしれません。
ダイチビジョンでお送りしております電脳コイル第8話。地デジの地は大地の地やったんや。

こんなときに限ってやさしいフミエが、今日のダイチにとってはむしろ残酷です。
「あのときは楽しかったなー」(またあのときみたいに…?) 歩み寄ってる!
歩み寄ってるよこんなときに! 全26話中、もっともダイフミが
歩み寄った瞬間でした。しかし三歩進むと五歩退がる運命のダイフミ。ね、次何やる?


「果たし合いを…果たし合いをやる!!」


あああああ……!
ダイフミ編その2へつづきます。多分。この回は妄想したいことが多すぎる。








この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

RECENT


CATEGORY


ARCHIVE


INFORMATION

  • 管理人: こも野
  • ホモ: 好物
  • ヘテロ: 好物
  • 推奨: 18歳以上
  • リンク: 無断でしたいされたい
  • E-mail: 
  • バナーアドレス:https://blog-imgs-31-origin.fc2.com/b/a/n/bang02/banner.gif
バナーは直リンでもお持ち帰りでも。


サッチー


BOOKMARK

喋るヤマネコ様 喋るヤマネコ様

RUMP様(R18) RUMP様

NOTONE様(R18) NOTONE様

AAAAZZZZ様 AAAAZZZZ様

ハラヤサ主張様 ハラヤサ主張様

空色のクジラ様 空色のクジラ様

でんでんはうす様 でんでんはうす様

電脳コイルFREAKS様 電脳コイルFREAKS様





あの小生意気なフミエにお年玉 年分の損害をくらわせてやるのだ