FC2ブログ





君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

ぐーぐー


■実はサッチーには
イサコママこと天沢幸子さんの魂が封入されていて
ほとんど怨念化した母性が盲目的に暴走的に子供たちを守っている……

……なんて設定だと別のお話になってしまいますが、
サッチーとイサコママの名前がかぶってるのは、なんか意味が込められてたり
するんスかね。

サッチーがオートマトン(自動人形)→サーチマトン→サッチーという流れで
そのネーミングが必然であったとしても、幸子さんは別にサチコさんでなくても
ユキコさんでもヨシコさんでもジュヌヴィエーヴ・ビジョルドでもなんでも
よかったわけじゃないですか。

あえてかぶるネーミングにしたのは、サッチーとイサコの関係に、母子の関係が
象徴されているのかなぁと、そんなことを思ったりして。

猛烈なネタバレになるので以下反転ドメイン↓

お泊まりスペシャルのときのサッチーvsイサコ。
リアルタイム修復のできない管理外ドメインに入り込んだ時点で、サッチーに勝ち目は
ありませんでした。それでもサッチーにはそうしなければならない理由があった。
「もう私にかまわないで。こんなでくのぼう、いくつあってもムダよ」
そんなサッチーを破壊してカッコよく切ったイサコのタンカが
痛々しく聞こえたのはオイラだけでしょうか。

サッチーを振り払い、危険に手を染め、そして2.0にヒドイ目に遭わされるイサコの姿を
後に目にして「ああ」とその痛々しさの理由がわかったような気がしたオイラです。
頭の中で「空と君のあいだに」(中島みゆき)がガンガンにかかったオイラです。

■嫌われても憎まれても馬鹿にされても、ひたすらに子供たちを守ろうとするサッチー。
大人を逃げないサッチー。最後は身を呈して子供たちを守ったサッチー。
それは、夫を失い、息子を失い、娘の悲しみも癒せない自分に苛立ち壊れていった
(のであろう)イサコママ幸子さんがなりたかった母親の姿であったのかもしれません。

邪魔者であったサッチーが自分を救ってくれた、イサコはそのことを(多分)
知らないわけですが、それはつまりイサコが知らない、あるいは気づいていない
母の愛の存在をもほのめかしているのではないか。兄からの愛だけを追い求めるイサコが
その象徴として持ち歩いている人形、それを作ってくれたのはお母さんですからね。
パパとママの愛情が足りなかったのか?とハートマン軍曹に言われたイサコの、
その手の中に、実はずっとあったんです、愛情は。
これもやはりイサコから不興をかっていたおばさんは、きっとそれを知っていたんでしょう。


まあとにかく、再放送組はサッチーの大活躍をカツモクして待て、ってカンジです。






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

RECENT


CATEGORY


ARCHIVE


INFORMATION

  • 管理人: こも野
  • ホモ: 好物
  • ヘテロ: 好物
  • 推奨: 18歳以上
  • リンク: 無断でしたいされたい
  • E-mail: 
  • バナーアドレス:https://blog-imgs-31-origin.fc2.com/b/a/n/bang02/banner.gif
バナーは直リンでもお持ち帰りでも。


サッチー


BOOKMARK

喋るヤマネコ様 喋るヤマネコ様

RUMP様(R18) RUMP様

NOTONE様(R18) NOTONE様

AAAAZZZZ様 AAAAZZZZ様

ハラヤサ主張様 ハラヤサ主張様

空色のクジラ様 空色のクジラ様

でんでんはうす様 でんでんはうす様

電脳コイルFREAKS様 電脳コイルFREAKS様





あの小生意気なフミエにお年玉 年分の損害をくらわせてやるのだ